もうすぐで4月

時間が経過するのは早いもので、3月が終わろうとしている。

僕が11月から参加させてもらっている相変わらずのインターン先では、17:00に出勤する子がいる。

この間までは「夜から来る人」というイメージだったが、

最近になって、「夕方に来る人」になった。

季節の変わり目を感じる。

--

この時期は卒業シーズン

ぼくの研究室の先輩方も卒業した。

 

去年の4月に研究室配属されてから約1年間。

学部4年の方だけでなくM2の方々にもお世話になった。

 

ぼくはこの大学に入って、「なにかすごいことをしたい!」という想いだけはあったが、何かを始めるきっかけはなかった。

(2年になってから学祭でイベントをしたが、個人でやったもの)

もちろん、大学に尊敬をするひとはできなかった。

 

3年になってから、研究室配属をした。

なんかおもしろいことができそうという理由と、どうせなら本気でやりたいので、

「一番ハードな研究室」(とよく言われる所)に配属を決めた。

 

そして最初に、研究室の先輩方を見たとき、衝撃を受けた。

授業を受けているだけでは身につかないようなスキルを持っているひと、

モノづくりに対して情熱をもっているひと。

今まで視野が狭かった。この大学にもすごいひとはいっぱいいる! と思った。

そこで初めて大学内に尊敬するひとができた。

尊敬する先輩みたいになりたいと思い、専門スキルを学んだり、勉強会・イベントを紹介してもらい、参加をするようになった。そこでぼくの視野はさらに広がった。

 今の自分はこのひとたちの出会いから始まっている。

 

4月になったら、新しく3年生が入ってきて、今度は指導する立場になる。

僕も同じように、なにかきっかけになれるようなものを与えられたらと思っている。

 

先輩方、卒業おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

学会でつくったものを発表した。 そしてこの1年間を振り返る。

日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)

という学会にて、インタラクティブセッション形式で開発したシリアスゲームを発表した。インタラクティブセッションは開発したゲームを来場者に実際にプレイしてもらい、直接そのフィードバックを貰うことができるという形式である。

3年の春に研究室に配属されてから、約8ヶ月かけて3人チームでサーベイ、実装を行なった。僕の研究室はアカデミックなものというよりは、社会問題解決に繋がるものを開発するというのを軸としている。

僕たちのチームは自分たちで出し合ったテーマで取り組んでいたので、(僕は)作業が苦痛ではなかった。アイデアの壁にぶつかる時もあったが時間と気合でなんとかなっていた。

この1年間で身についたことは沢山あった。

プログラミング技術だけでなく、リーダーとしてのチームビルディング、モノづくりに対する意識などが挙げられる。

 チームで開発するのは大変であった。個々の能力や割ける時間、モチベーションが異なっているため、実装が進むに連れて徐々に距離感が生まれてしまった。スタート地点はさほど変わらなかったはずだが、気がついたら開発作業量はかなりの違いが生まれてしまっていた。そして最後の追い込みは僕の個人開発となってしまった。

 このプロジェクトでの制作物は、最終的に自分たちが満足するレベルまで作り上げることができた。インタラクティブセッションでは貴重なご意見を沢山いただいた。僕たちのプロジェクトはまず第一に面白いと思えるものにし、そして社会的意義があるものを作る。という意識だった。そして今日いただいた意見の中に、改良を重ねビジネスとして成り立つものを目指して欲しいという意見をいただいた。

タダで新しいもので遊ばせたら良好な評価が得られるのも当然。独りよがりにならずに、マーケットやビジネスを認識しなければならない。そう強く感じた。

僕は今回の発表が終わり、とても清々しい。そして、来年度からは卒業研究が始まる。一連の研究の流れを知ることができたので、スムーズに進められると思う。今回作ったものは引き続き改良を重ね、ビジネスとして成り立つものに仕上げたい。

 

2017年の抱負その1

2017年の抱負その1

①いま参加しているインターンに本気で取り組む

 

 

2回フルタイムで(リモートワークしてるときもあるから2.5回くらい)インターンに参加させてもらって、2ヶ月くらいですが、

「圧倒的成長が出来ている」というとウソになります。

 

実際今の環境はとても良くて、やりたいことはできているけど、それで満足している自分がいて、アルバイト感覚で言われたことをひたすらこなしていってる感じです。

 

結局、成長するかどうかは自分の取り組む姿勢が大事ということに気づきました。

 

今年からは、頼まれたタスクだけじゃなくて、自分でタスクを取りに行きたい。

出来る限りのフルコミットをして爪痕を残したい。

 

インターンだから、、という言い訳を自分にしない。

長期エンジニアインターン始めました

春頃からプログラミングでモノを作ることを初めて、後期になってやっと授業も少なくなってきたので、最近になって興味のある分野の就業型インターンを始めました。

今まで短期のインターンなどの経験はありましたが、就業型は初めてで、学ぶことが多いです。

 

やっていることは、主に中学受験を控えた小学生を対象にした思考力アプリの追加開発で、研究室で学んでいることと近いことをやっています。

 

事業としてアプリのリリースだけでなく、アプリを活用した学習塾もやっています。

ついこの間僕が開発を行ったものが1つ完成したので、試作として授業で扱っていただきました。直接子どもたちが熱心にプレイしている様子を見て、エンジニアとしてのやりがいみたいなものを感じることができました。これからもいっぱい作ります。

 

本当にやりたいこと、なりたいもの っていうのは考えるほどよくわからないけど、これに近いものなのかもしれない。って感じです。

技術力不足の実感は日に日に増していくけど、

ブログ始めました。

就活を控えたエンジニア志望の学部3年です。

3年後期になってから週休4日になり、自分の価値を高めることをしようと日々プログラミングやらの勉強をしています。 

これから主に就活やプログラミングについて投稿していきたいと思います。